生活

ドラム式洗濯乾燥機《お手入れ方法》時短家電のお手入れも時短で!

以前の記事で
我が家で役立っている
家事を時短するための時短家電
3種類について紹介しました。

その中の1つ

ドラム式洗濯乾燥機

洗濯の時短にはなっても
便利な家電って
案外お手入れって大変じゃないの?
とも思いますよね。

うちはあんまり手をかけずに
使い続けています。

私流ですが
ドラム式洗濯乾燥機
お手入れ方法について
今から購入を検討されている方の
参考になればと思い、まとめます♪

ドラム式洗濯乾燥機の良い点

まずはドラム式洗濯乾燥機を
使っていて良かったことを
紹介しますね!

・干す時間と取り込む時間
 を省くことができる、時短!

・天候に左右されず
 乾かすことができる!
 (梅雨とか雨が続いても
  乾かないで干し続ける
  ストレスがない!)

この2点に尽きるとは思います。

ドラム式洗濯乾燥機の私流使い方

うちは
夜のお風呂が終わって

洗濯を回します。
洗濯が終わったら
乾燥をかけたくないものを
取り出して、乾燥をかけ、
取り出したものを干します。

本当は全てを「洗濯~乾燥」
ボタンを使って、そのまま
一気にしたほうが省エネで
早いようなのですが、
「洗濯」だけまず先にしてから
必ず何かしら取り出して
省エネモードで
「乾燥」をかけています。

それでもやはり
乾燥をかけるものの方が
圧倒的に多いので
それらを干す手間を考えると
かなりの時短に役立っています。

そして、朝起きてから
乾いた洗濯物を畳んで
片付けています。
この片付ける手間も
なんとかならないかな…
と思う今日この頃ですが。

ドラム式洗濯乾燥機の私流お手入れ方法

毎日するところ

朝、乾燥が終わっている
洗濯乾燥機から
洗濯物を取り出す前に
1番にすること。

乾燥フィルターのゴミをとります。
これを持ち上げると…

こんな感じでホコリがついてます。それを…

一番ホコリが付いている場所から
スルスルスルっと
指でつまんで動かしていくと
結構簡単にホコリがとれます。

毎日しなきゃ乾燥が
上手くいかなくなる恐れと
書いてあるので
毎日かぁ…面倒だなぁ…と
最初は思ったのですが
指で結構簡単にある程度
取れるのでそう手間にはなりません。

本来はもっと丁寧にお手入れ
したほうが良いのでしょうが
私はこの程度で済ませています。

フィルターのつまりとか
気になってきたら
水洗い、歯ブラシで落とす
とか丁寧なお手入れも
時折しています。
(取扱説明書には
ブラシでこすらない
指の腹や固く絞ったタオルで
と書いてありますが)

もう一つこれよりも
小さいフィルターがあるのですが
それも同様です。

週1くらいでするところ

私は週1もしていない
気はしますが…

排水フィルター

洗濯乾燥機の1番下にあります

取り出すとこんな感じ

ここにホコリや髪の毛などが
たまっていることがあるので
とります。

そして、汚れたりもするので
ブラシなどでこすって落とします。

穴がたくさんあいているので
ちょっとブラシでも
落としづらいですが…

もうちょっとで
洗濯乾燥機を買って
2年になりますが
気がついたときちょっと
ホコリを取って
ブラシでお掃除してるだけですが
そんなに汚れてないかと
思います。

なので、これもそう
手間ではないかな、と。

気がついたらするところ(汚れたら)

本体の窓のパッキング

ゴム部分に結構
ホコリがたまります。


私は洗濯が終わって
少し濡れている状態の時に
指あるいはティッシュとかで
さらーっとなでて
ホコリをまとめて
捨てています。
取り扱い説明書には
絞ったタオルや
ひどい汚れだったら
中性洗剤をつけて拭き取って
と書かれています。

結構放おっておくと
ほんとすごいホコリたまってますが
ホコリがある程度
たまっていたほうが
取りやすくもあります。

気が向いた時にしています。

あと、洗剤を入れるところも
汚れたら水洗いしてくださいねって
取扱説明書に書いてあります。

今までそんなに
汚れたと思ったことがないので
私は手入れしてないです。
(私が柔軟剤使ってないからかも)

洗濯槽のお手入れ

黒カビや臭いが発生したら
取扱説明書には

予防のため
・乾かす
・月1回塩素系漂白剤で洗う

発生したら
・洗濯槽クリーナーで洗う

と書いてあります。

乾かすのは毎日
乾燥機使ってるので省いて…

塩素系漂白剤も私はしていなくて…

洗濯槽クリーナーも
専用のものと書かれてあるけど
専用のものを用意するのが面倒で…

私はオキシクリーンで
何回か洗いました。
   
付箋メモに書いた
洗い方で洗っています。
調べて自己流にアレンジしたものです。

1、オキシクリーン10杯(中国産(※アメリカ産なら3杯))を48度(45~50度が良い)のお湯で溶かす(泡立て器でよく溶かすと良い)

2、直接洗濯機に入れ、ドアが開けれるギリギリのところまで48度(50度)のお湯を入れる

3、洗いのみ10分程度

4、3時間放置

5、ゴミをネットですくう

6、洗い5~10分→ゴミをすくう を2~3回繰り返す

7、すすぎ→脱水まで行い、ゴミをとる

8、普通洗いを行う(洗剤は入れない)(洗い→すすぎ→脱水)

ただ、あまり
酸素系漂白剤は推奨されて
いないようなので
これを参考にされる際は
自己責任でお願いします。

うちの洗濯乾燥機は
これで黒い汚れかなり
出てきました。
時々しています。
2年で3回くらい…

まとめ

お手入れが大変じゃないか?
と思われる時短家電ですが
案外そこまで手をかけずに
それなりにキレイに保って
使っています。

すべて私流の方法にはなりますが
参考になりましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ABOUT ME
Hikari
姉妹子育て中のママです。 話題の芸能関係や子育てなど生活について他、日々気になることをつづります。